SCHUH-BERTL Haferlschuh

今回はドイツの靴です。とにかくタフな短靴が欲しい……と思っていた所に、どこかの個人でやっているセレクトショップのページで発見、しかし在庫無し……。

オンラインで販売しているようですが、ドイツ語はさっぱり分からないので、輸入代行を使って個人輸入しました。それだけに思い入れもある靴です。

正面の写真はこちら。

P1130464

Haferlというのは、ドイツの山岳民族が履いている、伝統的な形の靴の型のようで、他のメーカーからも同名の靴が出ています。

有名なのだとTRIPPENにもありますし、Haferlというそのままのメーカーもあった気がします。

続いて、中はこんな感じ。可能な限り一枚の革で、あんまり縫わずに作ってあります。この靴で縫ったり補強したりしてあるのは、踵のこの部分とアッパーの紐を通す切れ目くらいです。

諸々の細かい話は、長くなるので最後にまとめて書きます。

P1130466

斜めから。革の分厚さが分かると思います。また、ちょっとつるっとした感じがありますが、実際はスウェードです。ワックスで毛を寝かせている感じになっています。アウトドアのブーツなどでは、よくやる手法のようですね。

P1130474

横から。製法はZwienahtという製法のようです。ノルウィージャンみたいな感じのようですが、独特な感じもするので、オールソールの場合、ソール交換が高くつきそうな気も……。

しかし、非常に剛性が高く、悪路でもぐらぐらしないのが、いかにもっぽい感じがして好きです。

P1130483

踵側から。キルトというんですかね?ひらひらが付いていますが、これは取り外し出来ないものになっています。この部分は柔らかい革になっており、甲の辺りが当たって痛くならないようになっています。

P1130487

踵アップ。無骨でがっしりとした味わいがあります。

P1130491

内側はこんな感じです。こっちから見ると、意外に曲線的できれいなラインだったりします。でも、この厚みで一枚革で作るのは大変そう……。

P1130492

なんとなく、かっこよく見える感じに並べてみました。

P1130512

ソールはビブラムの、おそらく#135だと思われます。かなり硬めの凹凸のあるソールです。

P1130522

経年変化の写真はこちら。二年ほど履いていますが、あんまり変わりが無いですね。結構履く頻度は多いのですが、ほとんど型崩れもしていませんし。

手入れは、ヒマラヤワックスをぶっかけて、ひたすら毛を寝かす、それだけです(笑)

P1170186

靴の履き心地としては、ちょっとサイズ選びでミスってワンサイズ大きくしてしまったのもあり、中敷きを入れているのですが、中敷き無しだと靴底はちょっと硬く感じるかもしれません。

サイズ感はビルケンシュトックと一緒で、もし買われる場合はそれと同じにして、中敷きはスペンコなどを入れると良いと思います。厚すぎても履きづらいと思いますので。

全体的に硬いは硬いのですが、歩く時に履き口の辺りがたわんで、蹴り出しで戻る、みたいなちょっとバネみたいな動きをします。そのせいか、硬いにもかかわらず、ちょっと柔らかさを感じる、不思議な歩きやすさがある靴です。

ちょっとした山道を歩いても、疲れずに軽快に歩けそうな、そんな元の用途をしっかりと満たすような一足になっていますね。

Bertlさんというシューメーカーがハンドメイドで作っているっぽいのですが、元々は登山靴がかなり有名なようです。Webサイトもあります

Javaが必要ですが、こちらで店舗兼工房を360度見れるようになっていたりして、サイトもかなり凝っていますね(笑)。

登山靴は本格的なようで、オンラインストアに出ています。どこかでマウンテンリサーチの人がわざわざドイツに買いに行ったりした、とかいう話も見ました。私は本格的な登山はした事が無いので、そんなに凄いのかどうかが分からないのが残念です。

で、この方のとっても凄い所が、牛の脚の皮をそのまんま使って、シャフトの部分を縫わずにワンピースのブーツを作ったり、とかそういう事もやっているという(笑)。

これは世界初の試みだ!と思って挑戦して完成した後、ルイ14世だかが昔やっていたらしく、二番目の試みだと気づいたそうですが。まあ、靴が好き過ぎてそんな事までやってみる方が作る靴が、悪いはずが無いと思います(笑)。

以前は、Webサイトに日本の新聞がインタビューした記事をPDFにしたものが置いてあったのですが、今見たら見当たりませんでした。それにも色々書いてあったので、無くなってしまっており残念です。

頑丈だし雨にも強いし、楽に履けるし、作っている人はかなり凄いしで、とにかくとても気に入っている一足です。私はあんまり同じメーカーやブランドのものをいくつも買ったりしないのですが、そのうちここの靴はもう一足買いたいな、と思っています。

今はもう買えないみたいですが、このエンジニアブーツとか良いですよねぇ……。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です