DIE IN CRIES

たまには音楽の話でも。1990年代に活動したバンド、DIE IN CRIES。

D’ERLANGERのボーカルだったkyoが、D’ERLANGERの後に始めたバンド…とかいうのは最初知りませんでした。知るきっかけになったのは、確か当時TVKでやってたミュージックトマトJAPANだかでPVが流れていたのを見て。

Erosに収録されているNocturneという曲だったのですが、いきなりサビから始まる展開と、きれいなメロディーラインに惹かれて、CDを買いました。まあ、その肝心な曲名が分からなくて、買ったのはCDシングルのto youを買ってしまったりしたのですが…。

to youもメロディーの綺麗な曲で、カップリングの「言葉にならない」も同様で。益々気になって、そのままアルバムも購入。これが「Eros」でした。

このアルバムが本当に名曲揃いで、インパクト抜群だったNocturneも入っているし、2曲目のThrough the Looking Glassなんかは、未だに人生で聴いた中で一番綺麗な曲だと思っています。

まあ、このバンドはヴィジュアル系なのですが、あんまりビジュアル系は好きではありませんでした。他のアルバム、というか結果的には全部揃えたのですが、初期の方はちょっといかにもっぽい、癖のある感じが好かない部分もありました。が、初期からメロディーの不思議な綺麗さや、実験的な演奏は琴線に触れる感じでした。

メンバー的には、当時としては知名度が高いのはボーカルのkyoくらいで、他はまあ知っている人は知っている…くらいな感じのギターの室姫深、ドラムのYUKIHIRO、ベースのTAKASHIという面子。今では、YUKIHIROはラルクのドラムとして、知っている人は多いですね。

このバンドは最初、リズム隊がやたら上手く、ギターはあんまり…ボーカルもあんまり…という印象でした。ギターは上手くは無いけど、やたら良い曲を書き、それについては飛び抜けていました。

ただ、kyoもErosもそうですが、その前のNodeから片鱗があって、Erosの後のセルフカバーアルバムあたりからは特に、歌は上手くないんだけど、とにかく感情を強く歌に込めて歌えるボーカルだ、と感じるようになりました。

そのCD買った後に、このバンドの初の武道館ライブを見に行き、そこでライブでのボーカルのkyoの存在感を感じて、以降はもうはまりにはまる(笑)。とにかく、感情を込めて優しい所は優しく、激しい所は激しく歌い上げる訳です。当時、こういうタイプは他に知らなかったため、正直衝撃を受けました。ちなみに、kyoは再結成したD’ERLANGERで現在も唄っていますが、とても上手くなっていて、もう今や押しも押されもせぬ立派なロックボーカリストになっていると思います。

このバンドの終盤にかけて、ボーカリストとして開眼したと言っても良いレベルのkyoの歌と、室姫深の類い希なメロディーセンスで、喜怒哀楽を本当に曲で伝えられたバンドだと思います。ラストライブには行けなかったのですが、後々になって出たDVDの映像で見たLOVE MEなんかは、本当に完成しているな…と思ってちょっと涙ぐんでしまったくらい。

DIE IN CRIESの解散後、一瞬だけBUGというバンドで、YUKIHIRO以外のメンバーが揃い、CDも一枚だけ出ました。そっちも本当に良くて、このまま続いてくれれば…と思いましたが、室姫深がすぐに脱退。以降は後釜による曲がちょっと好みじゃなかったので、聴かなくなってしまいました。

今のD’ERLANGERも凄く良いですが、やっぱりDIE IN CRIESの曲が好きなので、そっちも何かで一回くらい再結成してくれないかな、と思ってしまいます。可能性はかなり低いでしょうけど…。

音楽というか、思い出話ばっかりですが、ラストライブのDVDだけ、まだ新品で買えるようです。自分は当然持っています(笑)。CDの収録曲もiTunesとかで配信されると良いんですが、無いですね…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です