DEATHTOPIA3

DEATHTOPIAの3巻が出ていたので買って読んでみました。

気になる展開の方ですが、感想は続きに。

チーターという、チート的な特殊能力を持つ殺人鬼と、それを見分ける事が出来る能力を持つ主人公、流れで主人公が入る事となった警察の組織の面々、という登場人物で繰り広げられるお話です。

1巻を紹介した時にも書きましたが、作者は以前週刊少年マガジンで「エデンの檻」という孤島のサバイバル・ミステリーものを書いていた山田恵庸氏。

「エデンの檻」も最後はちょっと尻すぼみだったものの、なかなか引き込まれる展開だったので、期待は高まる所なのですが、青年誌なのと殺人鬼もののせいか、グロとエロの展開が多めで、謎を追うような部分はちょっと薄いのが残念。

詳しく書くとネタバレになるので控えますが、今回は特に戦闘的なシーンが多くなっているため、バトル回のような感じかもしれませんね。

とはいえ、本巻ではUDという、チーターの黒幕っぽい感じの人物がちらっと登場したり、主人公にも味方にも、まだちょろっと隠れた能力や謎がありそうな描写があるので、次巻以降で謎を追うような部分が加速していくと面白くなりそうです。

まあ、多重人格探偵サイコなんかに比べれば、展開もテンポが良いですし、意味が分からない部分も無いので、殺人鬼との対決ものが好きな人には今でも十分楽しめるかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です