絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode

クリアしたので感想を。具体的なネタバレはありませんが、若干触れている部分もあります。

ダンガンロンパ1と2の間のお話になります。一応、アクションのTPSですが、パズル性が強く、どっちかというとパズルゲームっぽい感じですね。残りは続きから。

1の主人公、苗木誠の妹、苗木こまると1の登場人物、腐川冬子が主人公のTPS(三人称視点シューティングゲーム)です。

私、TPSやFPSでは狙いを付けるのが苦手で、いまいち上手くプレイできないのですが、本作は下手くそでも何とかなるバランスになっています。

確実にヘッドショット(本作ではアイショット?)を決めなくてもまあなんとかなる程度の敵(モノクマ)の数、いざとなればジェノサイダー翔に変われば、こちらは無敵なのでざくっと片付ける事が出来ます。

パズルや謎解きの部分も、必ず解かないといけないものではなかったり、最悪総当たりで何とかなるようなものがほとんどなので、成績さえ気にしなければ詰まる事無く進めることが出来ます。

ゲームとしては、自分で縛りをかければ好きに難易度調整出来る、という作りになっているため、間口は広くなっていますね。

ダンガンロンパシリーズといえば肝になるのは魅力的なストーリーですが、今回も更に磨きがかかっています。

主人公にぶつけられている悪意が、ひたすらグレードアップしており、場合によっては胸がムカつくくらいのものがあります。

ちょっと、エロややり過ぎ感のある残酷さなど、シリーズにある下品なエゲツなさが今回は前面に出ている部分が強いので、この辺では好き嫌いが出るかもしれません。苦手な人にはちょっときついかも。

1と2については、悪が理解不可能なだけで、悪として認識できるものであった所が、本作では何とも言えない所も、また賛否が分かれそうな部分でもあります。卵が先か鶏が先か、答えの出ない不明確さ、一方的に断罪できない後ろめたさなどが、嫌う人は嫌うかもしれません。

今までも単純な話ではなかったのですが、複雑さの毛色が変わった感じですね。

明るい部分だと、1ではジェノサイダーに持って行かれていまいち影の薄かった腐川さんが、メインをはっているので人となりがはっきりとしてきた所でしょうか。

基本的にはあのままの後ろ向きネガティブな性格なのですが、意外なほどに面倒見はよく、思惑はあるにしても腐川さんはとても良い人だ……と見直してしまいました。

ストーリーを通して、こまると友情を深めていくのですが、それに従って人間的にも成長し、終わる頃にはとても魅力的な人になっています。

こまるもある意味、後ろ向きな人間で、その二人がちょっとだけ前を向くお話、とも言えます。

1と2をプレイしている人だと、間にこういう話があって、更にこの後に2が来る、という事が分かってかなり楽しめる反面、これだけしかやっていない人だとイマイチな部分が多いかもしれません。

多分、そのうち本編の3も出るのではないかと思いますが、こちらで生き残った面子も関わってきそうですね。

今回は、モノクマがただのモブキャラ扱いだったので、そこがちょっと寂しい所です。3が出たら、またあの何とも憎々しいような、憎めないような感じで出て来て欲しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です