クロケット&ジョーンズ チャッカブーツ

Crockett&JonesのChepstow。お気に入りの一足です。

P1120814

以前、チャッカブーツが欲しいなぁ、と思い、人生で一番最初に買ったチャッカブーツがこれ。この後、買い増ししたものが以前に掲載したオールデンのクロムエクセルのチャッカブーツです。

当初、ベックマンのチャッカブーツ、ダナーのアンティゴ、安藤製靴のNeroとかMotoあたりも候補にしていたのですが、ネットサーフィン中に出て来たこいつに一目惚れ。しかし、新宿伊勢丹などにも足を運んでみたのですが、当時近場ではどこも在庫が無く、どうせ通販で買うなら個人輸入するか、と思って個人輸入で購入しました。運良く、当時£1=¥128くらいだったのでお得でした。

P1120781

箱には、こんな感じの袋が入っています。一足ずつしまうための袋です。

P1120788

よけるとこんな感じ。こちらはオールデンの箱より余裕があったので、よれてはいませんでした(笑)

P1120795

前から見るとこんな感じ。スコッチグレインという、型押しの革を使っています。色は一応タンでしたが、何かしら着色はしていそうな感じですね。型押しの凹部分には黒く色が塗ってあるような感じでした。

また、ラストが通常のチャッカブーツのものではなく、カントリーブーツと同じラストのため、若干ゆったりしています。

P1120800

つま先部分。ウェルトはストームウェルトです。ステッチも綺麗ですね。

P1120803

反対側も、きれいなステッチです。日本の靴作りは確か英国を手本に始めたものだったと思いますが、このレベルを手本にすると、今の日本の靴のようなきれいなステッチになるんでしょうね。アメリカのを手本にしていたら…どうなっていたのでしょうか。

P1120806

横から。無骨さと品の良さがほどよいバランスで同居していると思っています。ライニングもありますが、硬さはありません。

P1120808

もうちょっと横から。純正ではないっぽいですが、ソールがダイナイト風のソールで、革のミッドソールが入っています。また、英国なのでアイレットも三つです。個人的にはこちらの方が履き心地も良くて好きですね。

P1120811

後ろから。ハンドグレードではないので、ミシンなど使って縫っているのでしょうが、おおむね綺麗な仕上がりです。

P1120814

反対側から。

P1120823

ヒール部分。若干、接着剤か何かの染みがありますが、まあこのくらいなら気になりません。

P1120829

ブランド名のプリントがあります。普通に履くと擦れて無くなりやすい部分ですね。本当にジャストだと、消えないらしいですが、そこまでジャストなのには出会った事も無く…。

P1120837

モデル名とサイズ。9Eです。正直、かなりでかいです(^-^;

丁度良いサイズのストックが無く、一番近いサイズでぎりぎりだったのがこれ。日本だと27.5とかそれくらいですね。Crockett&Jonesはwidthがちょっと狭めという話も聞いていたので、Eだと日本のD以下だとして丁度良いかな~と思っていましたが、若干大きめ。

しかし、手持ちのスーパーフィートのカスタムグリーンを突っ込んだ所、ジャストサイズになったので問題無く履けています。

P1120846

ソールはダイナイト風?

P1120850

純正かと思っていましたが、Crockett&Jonesのネームが入っているので、純正にネームを入れて貰ったものなのか、ダイナイト風なのかは不明です。ただし、このソールはほどよい柔らかさがあって、非常に歩きやすいので気に入っています。

P1160255

経年変化の写真はこちら。型押しの凹みの部分が、白っぽくなっています。元のように黒く塗るのは面倒なので、色つきのクリームで全体的に色を揃えてしまおうかな…と思っていたりしますが、悩み中。

シューツリーはディプロマットのヨーロピアンを突っ込んでいます。

以前、オールデンの時にも書いたチャッカブーツの歩きやすさですが、こちらの方がオールデンより更に上の履き心地で、本当にスニーカーを履いているより楽に歩けます。

柔らかく足を包んでホールドするのに圧迫感が無く、踏み込みから蹴り出しまで非常にスムーズに行く、本当に良い靴です。

以前はあんまり置いているのを見かけなかったのですが、何ヶ月か前に新宿伊勢丹のメンズ館に行った時、地下の靴売り場に置いてありました!これは本当に良い靴なので、気になった方は是非見に行ってみると良いと思います。自分にとって、これは間違いなくお勧めの一足です。

この辺を買った辺りから、服なども英国系のものにも手を出すようになってきましたが、米国系なアメカジと合わせてもそんなに違和感無いですし、日本と似たような細かい所での配慮を感じる製品なども多く、英国ものも気に入っています。

だからといってそっち一辺倒になった訳でもなく、米国系の方にもタフで実用性重視というとても素敵な面がありますので、あんまり意固地になってどっちかに偏るのではなく、その時々で欲しいものを自由に買うようになりました。結果的には充実していると思うので、自分にとって良いきっかけを与えてくれた一足です。


「クロケット&ジョーンズ チャッカブーツ」への2件のフィードバック

  1. ステッチも良いですが、革質もよさそうですね。自分はワークブーツしか持ってないので、こういう一足欲しいです。

    1. 革質もなかなかですよ!柔らかいけどコシがある、と言いますか。
      歩きやすいですし、使い勝手もなかなか良いので、この手のチャッカもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です