中古でも恋がしたい!2

中古でも恋がしたい!の二巻目。今回もなかなか良い話でした。そしてキャラクターも活き活きしています。詳細は続きから。

今回は、主人公の新宮清一に女性不信のトラウマを植え付ける事になった諏訪間天女(すわまイブ)が、同じクラスに転校してくる所から話が本格的に始まります。

イブの方はやたら絡んでくるものの、過去にあれだけ酷い事をされたというのもあり、避けたい清一。当然、古都子や優佳といった、前回で仲良くなった面子は良くは思いません。

とはいえ、未だ古都子の悪い噂も消えず、そちらを打ち消していく方が最優先。圭太も含めた四人で、古都子の悪い噂を無くすため、活動を始めていきます。

悪い噂を否定して回るのではなく、良い事をして事実とは異なる噂を、あくまで噂としてみんなが眉唾に思ってくれるようにしよう……という取り組みを始めます。

しかし、一部では改善は見られるものの、新たな悪い噂も流れるようになり……という感じで今回は進んでいきます。

ネタバレになるため、核心には触れずにおきますが、今回もとても良い話でした。後味の良い、とても優しい話になっています。

この辺は、ひとえに清一の人柄・性格に依る所が大きいでしょう。一巻での古都子に対する態度もそうですが、噂はあくまで噂とし、過去の事ではなく、今どうなのか、を軸にその人に接していきます。

中には咎められるべき過ちなどもあるのですが、反省しているのであればそれについても、今そうでなければ赦せる度量を持っています。この辺は、前巻の優佳に対するそれも含め、一貫した態度であり、誰に対してもそうしていられる人物という事になります。

人を見た目で判断するな、というのはよく言われる話で、それも当然大事ではありますが、その一つ上、過去に囚われず今がどうなのか、で判断しよう、という人としてはこうありたい、という話になっています。読者層を意識しているのかどうか分かりませんが、十分噛みしめるに足る事ではあると思います。

次巻で、今の所の明らかになりつつある元凶と清一を含めた仲間達は対峙する事になるのか、そういう展開になった場合であっても、これまでのような優しい、赦しと救いのある話になるのか。

非常に楽しみな所です。次巻も期待して待ちたいと思います。今の所、今年一番の作品になっていますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です